山陽電鉄網干線と、姫路モノレール廃線跡(小さな旅)

えー、タイトルの通りです。3dayチケットの余りで出撃しました。
画像

まずは網干線です。
画像

ワンマンなのは予想してたが、なんかこの、禁煙表示がレトロ調ですね。
画像

15分ほど揺られると網干到着です。
画像

普通に街中。普通すぎて観光する場所がありませんw
画像

しょうがないのでそのまま折り返して、姫路まで。
画像


さっそく姫路モノレール跡見学。山陽の駅から西にしばらく歩くと、いきなりこれですよ。
画像


電車から見てたとき「レール撤去したら、柱も撤去したらええやん」って思ってたんですが、こういう事ですか。
山陽電車の高架より西側はレールも絶賛現存中。
画像

そしてここが、駅の跡だそうです。ビルに突っ込むモノレール、まさにレトロフューチャー。
廃墟だと聞いてたんですが、レールより上層のホテルかワンルームマンションっぽい場所、生活臭がするんですよ。ぐるっと一周回ったら、この写真の真裏にあった通用口に、建設用のトラックや足場が置いてあって「××建設研修施設」って看板が出てました。どうやら、公団の寄宿舎みたいに使われてるようです。
画像

画像

西側の道路の拡幅工事で、道路の上だけばっさりレールがなくなってます。
画像

画像

新幹線をくぐる場所。川向こうのレンガも気になります。絵になるなぁ。
画像

この辺は大きな工事がされてるのか、構造が確認できるのはここまでです。
画像


ここからすぐのところが手柄山中央公園の入口。案内に沿ってしばらく歩きます。
画像

水族館と併設されている「手柄山交流ステーション」が目的地。ここだけなら無料で見学できます。
展示場に行くとこんな感じ。
画像

当時の駅を意識した作りだそうです。車内も見学可能
画像

画像

外に出れるようになってて、台車単独の展示もあります。へー、左右非対称なんだ。
画像

写真は撮ってませんが、運転台とか、ATS機器(線路の横に立ってる箱)とか、いろいろ展示してます。制服着た学芸員さんとおぼしき方もいて、話を聞いてる人もいてました。

ずっと謎だった姫路モノレールが、俺の中で謎でなくなりました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック