舞浜リゾートライン(小さな旅)

本日最後のメニュー。会社名が「舞浜リゾートライン」路線名が「ディズニーリゾートライン」なのでこのタイトル。
画像

京葉線のホームへ向かいますが、なんかRPGでヒントが聞けそうな場所を発見しつつ、歩くこと10分ほど。武蔵野線の205系。
画像

海!
画像

舞浜到着。「東京ディズニーリゾート最寄駅です」とは言いません。意外だ。舞浜リゾートライン乗り換えも言ってなかったような。
画像

ディズニーに疎いおいらでも、正面のイクスピアリが土産物街ってくらいは知ってます。で、のりばはその左ですか。
画像

路線図。リゾートゲートウェイ、東京ディズニーランド、ベイサイド、東京ディズニーシーの4つの駅。
画像

券売機の色が違う。何だろうとよく見たら、売ってる1日券のデザインなのか。
画像

例えば、これはシンデレラ。
画像

で、買ったのはラプンツェル。あ、日付(年号)が西暦。鉄道事業者で西暦は珍しい。
画像

ラッチ。
画像

コンコースには記念写真が撮れるような飾り付けがいくつかありましたが、やっぱりこのブログ的にはストイックに早速ホームです。両側扱いになってるんですね。左回りの片側環状運転なのでレールはひたすら一本。
画像

時刻表の掲示はなく、こんな表示があるだけ。ここだけ見ると遊園地の乗り物っぽいですが、これは遊具扱いじゃなくて、ちゃんとした鉄道(モノレール)です。
逆にディズニーランドの中の遊具としては、ウェスタンリバー鉄道がなにげに本物の蒸気機関車だったりします。
画像

駅名標。~ステーションまでが駅名かよ。
画像

入線。
画像

ミッキーマウス型の窓。画像では見たことありましたが、実物見たら、これはいいと関心。
画像

画像

ミッキーマウス型のつり革。
画像

自動運転です。特等席は当然こんな状況。
画像

いい眺め。あれがプロメテウス火山ですか。
画像

さすがにそのまま一周するのも何なので、東京ディズニーシー・ステーションで降りてみました。
画像

画像

画像

今度は最後尾へ。車掌さんかっこいい。そうそう、アテンダントさんも乗ってましたね。
画像

車掌さんはカバンじゃなくてこんなファイルを持って乗務されてます。ちょっと失礼してパチリ。こんな所にもミッキーマウス。「It takes people」ってあります。
画像

以上、650円で楽しめるディズニー精神、まさに夢の国の入口の鉄道でした。
画像


※東京の地下鉄乗り残し※
日比谷線:秋葉原-茅場町
大江戸線:代々木-月 島

*乗車割合計算*
JR乗車キロ: 15980.2km (乗車率: 80.30%)
私鉄乗車キロ: 6787.2km (乗車率: 90.9%)
(提供:乗りつぶしオンライン)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック