18きっぷで行く新宮

夏の18きっぷシーズン到来。

とは言え、今週は土曜日に用事があったので、日曜にタイトルのよう新宮に日帰り旅行です。

【東貝塚-和歌山】0522発(3503H)0603着
え、普通列車なのに223系0番台が来た。これが5100番台効果か!
画像

紀ノ川を渡って和歌山。
画像

【和歌山-紀伊田辺】0605発(321M)0749着
お茶買ってたら正面取る時間が無かった。113系2両。
画像

海。
画像

風車。
画像

紀伊田辺到着。
画像

【紀伊田辺-新宮】0751発(2329M)1040着
ここからは105系。藤並あたりで乗ってきたこのテニス部どこまで行くんだろ。
画像

串本。
画像

串本過ぎて砂浜が見え出すともうすぐ新宮。
画像

(徐福公園)
新宮駅。
画像

宮脇俊三先生の最長片道切符の旅で、先生が行った場所、徐福の墓がここ。って、中国のお寺風の門。
画像

自分は最長片道で徐福って名前を初めて聞いたんですが、結構有名な伝説上の人物なんですね。日本中に徐福伝説はあるらしいんですが、新宮には墓があるとのこと。
画像

この公園は1994年にできたそうで、これがお墓とされる石碑。って、紀元前の人物にしてはきれいすぎるだろ、これ。怪しいw
画像

先生が来たときには墓石とこの説明の碑(徐福顕彰碑)だけだったと思われます。この石碑も規格外にでかいw
画像

「ビジネスホテル徐福」発見! 建物は空き家でしたが。
画像

(浮島の森)
駅の裏に回ってしばらく行くと、何ですかねここは、と言う雰囲気の公園到着。
画像

原生林が生えた小島があるんだそうですが、それが浮いてるとのこと。写真左手の建屋が入り口で、入場料100円。これは整備前から建ってた石碑と、左は美女が大蛇に飲み込まれたと言う伝説があるらしく女性の像。
画像

入ったところ。
画像

ふーむ、確かに島だな。
画像

橋渡って島に進入。
画像

湿地が広がってます。町中とは思えない原生林になってる。浮いてるのかと言われたら、そんな気もするって程度で、先生が書いてるようにジタンダ踏んだら揺れるなんてチープ感はなかったです。だいたい、あの書き方だともっと小さいのかと思ってたけど、実物は野球場くらいの広さあります。
画像

【新宮-紀伊田辺】1125発(2330M)1414着
5年前撮った駅名標、これだ。
画像

帰りも同じ電車。
画像

缶ハイボールを飲んだら、思いっきり寝てました。
【紀伊田辺-御坊】1424発(2360M)1508着
あれ、ここも同じ電車?なんか結局223系とか225系には紀勢本線では乗れずじまい。
画像

印南のかえる大橋。
画像

《御坊-和歌山》1513発(くろしお22)1551着
御坊で乗り換え。顔はめの電車が形式不明。
画像

くろしおでワープ。お、オーシャンアローが来た。
画像

風車。
画像

和歌山到着。
画像

2年ぶりくらいの井出商店。相変わらずうまい。
画像

画像

このあとは難波まで行って軽く飲んで帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック